●● アンカーリング ●●
アンカーリング

人がある地点に思考を留めると、そこを基点とした限定的な範囲でしか物事を判断できなくなることがあります。
始まりの提示情報によって、消費者の判断に偏り(バイアス)が出てくる効果です。

 

(例)
メーカー希望小売価格を高めに設定し、値引きの割合を大きく見せる手法です。
Aさんは秋葉原にパソコンを買いに行きました。
最初の店で23万円と表示されたM社の製品に関心を持ちました。
次の店に入ると同じ機種が24万円で売っていました。
さらにその次に入った店ではそれが21万円で売っていました。
Aさんはついに安いものを見つけて得をした、と大喜びでパソコンを買って家に帰りました。
Aさんは本当によい買い物をしたといえるでしょうか?

Aさんは23万円という値段を見たときにその値段にアンカー(錨)を下し、他の店に入ったときには無意識に最初の23万円を基準にして価格比較をしました。

たくさんの店がある中で、たった3つの店を回っただけでは21万円が得をする価格かどうかは分からないにもかかわらずです。

買ってしまった後に、更に値打ちのあるものを見つけてがっかりすることがよくあります。

(タマミズタマミ)