●● フレーミング効果 ●●
フレーミング効果

意思を決定する場合、情報の意味する内容が同じであっても、その問題認識の心理(決定フレーム)によって結果が異なる現象をいいます。

例えば、


選択1:
   
あなたが持っているお金の他に、2万円が手に入るとします。

このときあなたは
    A)確実に5千円もらうか
    B)2万円もらえる確率が25%で、何ももらえない確率が75%のくじを引くか

   あなたは、どちらを場合を選びますか
   

選択2:
   
あなたが持っているお金の他に、2万円が入るとします。

このときあなたは
    A)確実に1万5千円失うか
    B)何も失わない確立が25%で、2万円失う確立は75%のくじを引くか
    あなたは、どちらの場合を選びますか

 

表現は異なりますが、A)、B)どちらを選択しても、数学的期待値はどちらも同じです。

 

しかし、選択1の場合はほとんどがA)を選び、

     選択2の場合はB)を選びます。

A)のように利得を含む選択の場合はリスク回避型になり、

B)のように損失を含む選択の場合はリスク探索型となります。

(玉水タマ美)