●● 1:5の法則 ●●
1:5の法則

1:5の法則とは、新規顧客に販売するコストは既存顧客に販売するコストの5倍かかるというものです。

例えば、新規の会社から注文を獲得するためには、既存の顧客から注文を取るよりも、足繁く通い、かつエネルギーも費やさなければならないということです。

例えば、バーゲンセールなどで集客を行うことにより、見かけ上、売上げが増えたとして、通常より低い価格設定のため利益率が圧縮されてしまいます。

それよりも、利益に対する貢献度の高い顧客、すなわち、あなたのお店のお得意様をしっかり囲い込めれば、その人がもたらす利益を確保できることになります。

このようなことから、現代において利益を安定的に確保していくためには、固定客をしっかり維持していく、あるいは、通常のお客様を固定客へ育てていくといったアプローチが有効です。

DMは不特定多数の対象に訴求する媒体とは異なり、個々のお客様に直接に情報提供することができる媒体なので、固定客の維持には最適です。

(備後)