●● クラウディン・グアウト ●●
クラウディング・アウト

クラウディング・アウトとは、狭義には、政府支出の増大により、民間投資が押し退けられてしまうことをいいます。

例えば、新国立劇場が建てられても、民間のオペラ団体が衰退してしまえば、せっかくの政府支出の効果も小さいものとなります。

また、クラウディング・アウトは、広義には、特定分野への支出の増加が、他の分野への支出を減少させてしまうことを意味します。

例えば、「USJの経済効果は00億円」といっても、実際には、その他のテーマパークへの支出が減少しているはずなので、ネット(正味)の経済効果は、00億円よりもかなり小さいと考えられます。

また、むかしサッカー業界の人が「Jリーグが新設されれば、経済効果は3兆円」なんて言っていましたが、これもクラウディング・アウトを完全に無視した発言でしょう。
だいたい3兆円なんてべらぼうな数字は、グロスで考えても出鱈目だったことが今やハッキリしていますが・・・。

(bingooo)