●● GIVE & TAKEの関係 ●●

GIVE & TAKEの関係

世の中をうまく渡っていくにはGIVE & TAKEの精神が大切です。

仕事が欲しければ、相手にメリットを与えなければなりません。

お金が欲しければ、自分の時間や能力を提供しなければ得ることは出来ません。

この関係が成立する前提は等価交換されるものであり、金を払えば誰でも買えるといった商品売買されるものではありません。

従って例えば、知恵の貸し借りのようなものをいい、知恵を借り、知恵を返すといったものが、この関係です。

GIVE & TAKEであって、TAKE & GIVEではありません。

まず、自分から与えなければなりません。

      ↑ここが重要なのです。
  
人間関係の中においては、借りっ放しは許されません。

(ballingwater)