●● 2:6:2の法則 ●●

2:6:2の法則(経験則)

組織の中では、上位2割の人が高い生産性を上げ、中位6割の人が並で、下位2割の人がお荷物としてぶら下がっているという経験則があります。

例えば、希望退職で優秀な社員が辞めてしまったとしても、会社はつぶれません。

その理由として、上位2割の社員がいなくなったら、残った8割の社員の中からまた、

2:6:2の割合で、8割の中の、上位2割の生産性が著しく向上するからです。

下位2割の首を切ったならば、素晴らしい会社になるかと言えばそうはなりません。

その理由として、残った8割の中の下位2割は腐ってきてやはり2:6:2の割合になるからです。

企業には、高度な仕事があるものの、つまらない仕事もあります。

優秀な社員ばかり集めても生産性が急上昇するわけではなく、優秀な人材が不足していても、それなりのポストにつけば、それなりに成長していき、会社は何とかやっていけるものです。

この世で起こったことは、必ず全てがこの世で納まることになっております。


(敏悟)