●● 78:22の宇宙法則 ●●

78:22の宇宙法則(ユダヤの商法)

ユダヤの商法には、人間がどうあがいても曲げることのできない宇宙の大法則があります。

例えば、正方形の面積を100として、その正方形に内接する円の面積は78になり、つまり正方形の残りの面積は22となります。

空気中の成分がほぼ窒素78に対して酸素等が22の割合になっています。

人間の体も水分がほぼ78、その他の物質が22の割合でできています。

これが大自然の宇宙法則です。

この法則の上にユダヤ商法は成り立っています。

 

例えば、お金を借りたい人が22、貸したい人が78の割合で、この世は成り立っています。
一般大衆が持っているお金を22とすれば、絶対数の少ないお金持ちの人が持っているお金は78となります。

つまり78を相手に丁寧にじっくり商売をした方が儲かるということです。

 

流れに逆らうことなく、商売する方が、楽しくて、為になり、得をするのです。

↑これ重要です。3Tの法則(楽しい・為になる・得をする)といいます。

パレートの法則と同じ意味になります。

(敏吾)