●● リダンダンシーの概念 ●●

リダンダンシーの概念

元々の意味は、震災などで、道路や橋が機能不全に陥った場合、生活や産業活動に大きな支障が生じるというリスクがあります。

代替の手段をあらかじめ確保する等の対応が求められます。

安全のために、この代替手段を確保することをいいます。

安全に関してはは1つに全てを任せてしまうのは危険です。

特に人間の注意力に期待するのは危険です。

仕組みの改善が望ましいでしょう。

2つ目の予備手段を用意したいものです。

リダンダンシー(遊びの意味)がないと、人間は悩みを繰り返したり、困難を上手く乗り切れなかったりします。

私達の生活にはリダンダンシーが無いと、潤いが生まれないし、余裕の無い生活になってしまいます。

「しなければならない」という気持ちは疲れますから、「したい」「してみよう」という気持ちに変えていく必要があります。

心に余裕があるときの方が、一見効率が悪いように見えますが、結果としては効率的な場合が多いようです。

(BINGOD)