●● メラビアンの法則 ●●
メラビアンの法則

意思疎通において、人が人を何で判断するのかについて、


視覚では、身振り手振り、表情のボディーランゲージが55%、


聴覚では、声の大きさ、抑揚で38%、


言葉そのものが7%で、全部足して100%になります。

 

この法則によると、言葉の解らない外国を旅行しても、やりようによっては93%意思疎通ができるということになります。

 

コミュニケーション手段で、電話は視覚が使えないから、45%しか利用できません。
その分効率は良いが、効果はどうでしょうか。


コミュニケーションとは本来、相対で口ではなく目でするものといわれる所以です。


もっとも、メールは最初から7%しか利用できません。
これからのメインのコミュニケーション手段になるでしょうが、これを考えて文章をうまく表現して、メールする必要があります。

営業マンなら、言葉以外の要素で93%の印象が決まってしまうのです。
私たちの印象は、ほとんど言葉以外の外見で決まってしまうと言えます。
マニュアルに、清潔にする・髪は短く切るなど、身だしなみに注意するように書かれているのにも、ちゃんと意味があるわけです。

身体的な魅力は、根本的には変えられませんが、表情や髪型や服装などでずいぶんと印象は変わるものです。

毎朝、家を出る前は鏡の前に立って、自分の好感度をチェックするように心がけましょう。

自信のなさや不安は、ボディーランゲージや、声の調子、抑揚、言葉の選び方その他の微妙な動作や表現などから、ほとんど相手に伝わってしまうものです。


行動によって自信のなさを露呈してしまうと、他の人たちは、あなたの実行力を疑い出すでしょう。


逆であれば、あなたは他の人たちから尊敬や信頼を得ることができるし、またそうしなければならないのです。(bingooo)