●● ★人生の法則☆講演会のネタ★2.シナジー効果 ●●    

 いわゆる相乗効果・協働効果のことで、それぞれが独自に機能することができる部分とある部分を結合したときに、そこに生ずる成果が各部分の成果の単なる総和よりも大きければ、そこに新たに生じたプラスαの効果をいいます。
 同じ生産設備・ノウハウの共用、同じ販売経路・広告ノウハウの共用による相互補完や規模の利益をもたらすことで、既存の資源を充分に活用することにより、更なる展開が可能となります。

  例えば、広い意味でいうと、人にその内容を教えることは、その内容の勉強と同時に、教え方の勉強もすることになり、その内容の勉強と教え方の勉強を別々にするよりも効率的です。また人に教えるつもりで勉強すると良く頭に入りますから、勉強の効率もよくなります。
 どんな人にも必ず、他人よりも優れた長所があります。得意なことを人に教えるということは自分の自信にもなり、基本的に楽しいことです。酒を飲むと雄弁になる人が多くいますが、雄弁の内容は、日頃自分が考えている、興味のある、得意なことばかりです。
 丁寧に人に教えるということは、自分で楽しみながら勉強し、そして人から感謝され、評価も得ることになります。(BINGO)